CSR活動CSR

CSR(企業の社会的責任)活動

解体事業を通し、保全に取り組みます。

解体事業を通し、保全に取り組みます。

株式会社マツヒロは、解体事業を通し、地域の方々の生活環境及び地球環境に強い関わりを持つとの認識に基づき、幅広く積極的に保全に取り組む事を推進します。

法令、条例等を積極的に学習し、現実の工事に反映させるよう
社員の意識を高めて参ります。
  • ・「建設リサイクル法」や「廃棄物処理法」をはじめとする、解体工事にかかわる法律の遵守を徹底しています。
  • ・安全、環境パトロール実施により環境関連法規等の管理、または環境負荷に対する改善意識の維持向上及び安全第一に努めます。
  • ・騒音、振動の防止の軽減に努めます。
  • ・解体事業を通し、可能な限りのリサイクルに取り組み、限り有る資源を大切に循環社会を目指します。
  • ・解体の際、フロン回収・破壊法で定められた業務用冷凍空調機器(エアコンや冷蔵庫など)の有無を事前に確認し、有った場合は、建物所有者の責務をお伝えし、法に従った的確な処理が行えるようフロン回収業者により適切に処理を行います。
  • ・生体・環境へ影響を及ぼす「PCBの廃棄物および使用中電気機器」などを法令に準拠し、行政への届出などを行っています。
  • ・含有する石綿のレベル、種類に応じ、外部に飛散しないよう養生し作業します。
    除去した廃石綿などを特別管理産業廃棄物として適正に処理しています。
  • ・ダイオキシン類に汚染された廃棄物が有る場合、高圧洗浄などで除じんした汚染物は、汚染拡散防止処理(密閉容器詰めなど)を施し、専用処理施設(無害化施設)に排出します。
    汚染水は環境基準以内に収まるよう汚染水高度処理施設にて処理を行っていきます。

ご依頼・お見積り・ご相談など、お気軽にご連絡ください! TEL:03-3441-1123